海外に行くのにモバイルWi-Fiを借りるべき?
必要性や費用などについて

海外旅行に行くとき、悩む人も多いのが「スマホがつながるようにするにはどうすればいいのか」という点です。海外でスマホを快適に使うためには、「モバイルWi-Fiを借りる」という選択肢もあります。なお、この記事におけるモバイルWi-Fiとは、持ち運んでインターネットに接続できる端末のことです。ただ、モバイルWi-Fiを借りるべきか悩む人もいるでしょう。そこで、この記事では海外に行く際のモバイルWi-Fiの必要性について説明します。

1. モバイルWi-Fiルーターとは

モバイルWi-Fiルーターとは、簡単にいうと「携帯できるWi-Fiルーター」のことです。ルーターとは、インターネットをいくつかの端末を共有で利用できるようにするための機械を指します。ルーターがあれば、スマホやパソコンといった複数の端末を同時接続し、使うことが可能です。Wi-Fiは機器同士が無線通信を行うにあたって使う電波のことをいいます。Wi-Fiルーターには通常のものと、モバイルのものがあります。通常のWi-Fiルーターそのものには、インターネット接続を行うための機能がありません。インターネットサービスの契約を行うことで、インターネットを使える仕組みになっています。

一方、モバイルWi-Fiルーターには本体そのものにインターネット接続ができる機能が備わっています。なぜインターネットに繋げられるのかというと、モバイルWi-Fiルーターは「携帯電話回線で接続する」仕組みであるためです。iPhoneやほかのスマホと同様に、「3G」「4G」「LTE」などの回線で通信を行う仕組みになっています。つまり、モバイルWi-Fiは「複数の端末の共有」と「インターネット接続」の両方の機能を兼ね備えた便利なものなのです。なお、モバイルWi-Fiを利用する場合は、別途回線契約が必要になります。工事は不要なので手間をかけず、スムーズに利用を始められるでしょう。

2. 海外でそのまま利用できないのはなぜ?

今まで日本で使っていたWi-Fiルーターを、「海外旅行でもそのまま持ち込んで使おう」と考える人もいます。しかし、日本で使用していたWi-Fiルーターが、必ずしも海外で使えるとは限らないため、注意が必要です。なぜなら、「使用できる周波数や通信方法が国ごとに異なる」ためです。通信で使える周波数や通信方式は、国ごとに法律で決められています。万が一、この法律で定められた周波数を超えて使用した場合、違反となる可能性があります。海外でWi-Fiルーターを使ってインターネットに接続するためには、海外用の設定が必要です。さらに、そもそも「海外製のルーターを持ち込み禁止」と定めている国もあるため、注意しましょう。

3. モバイルWi-Fiを海外で
利用するメリット

海外旅行に行く際に、モバイルWi-Fiを利用する人も多くいます。モバイルWi-Fiを海外で利用すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。主なメリットには、以下のようなものが挙げられます。

3-1. 持ち運び自由

モバイルWi-Fiの最大のメリットは、「どこにでも持ち運べる」ことです。自宅だけではなく、電車やカフェといった好きな場所に持ち運んで活用できます。外出時にスマホなどでインターネット接続を行うと、「通信容量が心配」というケースも少なくありません。こうした人でも、モバイルWi-Fiを持ち歩けば、外でたっぷりとインターネットを楽しめます。さらに、海外用の設定を済ませれば、海外に持ち運んで使うことも可能です。海外旅行が好きだったり、よく海外出張に出かけたりする人も重宝します。

また、外でパソコンを使ってよく作業をする場合、「行き先にWi-Fiがあるかどうか気になる」という人もいるでしょう。ホテルやレストランなどは必ずしもWi-Fi環境が整っているとは限りません。なかには、Wi-Fiに接続できない場所もあり、このような場合はパソコン作業ができなくなってしまいます。その点、モバイルWi-Fiがあればいつでもどこでもインターネットに接続できます。Wi-Fiの有無に縛られず、自由に行き先を決められるでしょう。

3-2. グループで使える

モバイルWi-Fiは「複数人で利用できる」ことが大きなメリットです。海外旅行に友人や家族と出かけるという人も多くみられます。こうした集団で固まって行動する場合にも、1台モバイルWi-Fiがあると何かと便利です。たとえば、4人で旅行に出かける場合、1台のモバイルWi-Fiを借りて使えば料金を割り勘できます。出費を安く抑えられることも大きなメリットといえるでしょう。

また、モバイルWi-Fiはスマホやパソコンはもちろん、ゲーム機器などにも接続できます。複数端末で利用できるため、スマホで誰かと連絡を取りつつ、ゲーム機でオンラインプレイを楽しむといった使い方も可能です。旅行などは移動時間が長くなることも多く、複数端末でインターネットを楽しめると暇つぶしにも役立ちます。ただし、モバイルWi-Fiには台数制限が設けられていることがあります。1台につき何個の端末を同時接続できるのか、あらかじめ調べておくと良いでしょう。

3-3. セキュリティが高い

モバイルWi-Fiを利用すると、「セキュリティの安全性を高められる」ことも大きなメリットです。渡航先の空港やカフェなどには、無料のWi-Fiスポットが用意されていることがあります。これらの無料Wi-Fiスポットを利用すれば、お金をかけずにインターネット接続を行うことが可能です。しかし、ここで注意しなければならないのが、無料Wi-Fiスポットは「必ずしも安全とは限らない」ことです。無料Wi-Fiスポットは暗号化されていないものが多い傾向にあります。この場合、インターネットに接続すると個人情報を盗まれたり、端末がウイルスに感染したりするおそれがあるのです。特に、仕事の機密情報を扱ったり、個人情報を入力したりする機会が多い人は要注意です。

無料Wi-Fiスポットには少なからずセキュリティリスクがともなうことを頭に入れておきましょう。このようなセキュリティリスクを避けるためには、モバイルWi-Fiを使うことが無難です。モバイルWi-Fiであれば暗号化されており、情報を覗き見されたり、盗み取られたりする心配がありません。安全にインターネットを利用できます。

4. モバイルWi-Fiの注意点

手元にあると何かと便利なモバイルWi-Fiですが、利用時にはいくつかの注意点があります。あらかじめ注意点をしっかりとチェックしておきましょう。まずは、モバイルWi-Fiをレンタルする場合、「事前の申し込みが必要」なことです。機器を借りるにあたり、手続きを行う手間がかかります。なお、モバイルWi-Fiはものによっては人気が高く、すぐに借りられないケースもあります。出発の直前に申し込みをした場合、借りられない可能性もあるため注意しましょう。特に長期休みなどはレンタル希望者が多いため、気を付ける必要があります。なるべくスケジュールに余裕を持って申し込みを済ませましょう。

さらに、モバイルWi-Fiは「電池切れ」に注意が必要です。モバイルWi-Fiルーターは充電式であり、外でたくさん利用すると電池切れを起こすことがあります。ものによっても異なりますが、充電は4時間程度で切れることが多い傾向です。モバイルWi-Fiルーターを外で4時間以上使う予定があったり、電池を気にせず使いたかったりする人は、「充電器を持ち運ぶ」と良いでしょう。充電器があれば、万が一の電池切れのときにも安心です。外でも長時間のインターネットを楽しめます。また、グループで1台のモバイルWi-Fiルーターを使う場合は、「別行動になるとインターネットを使えない」という問題が生じます。旅行先で別行動を計画している場合は、レンタルするモバイルWi-Fiルーターの数を調整しましょう。

5. モバイルWi-Fiがなかったら
海外でどうやってネットを
利用するの?

モバイルWi-Fiがない場合でも海外でWi-Fiを利用できるのか、疑問を持つ人もいるでしょう。結論からいうと、工夫次第でWi-Fiを利用することが可能です。どのようにしてインターネットにつなげるのか、具体的な方法を見ていきましょう。

5-1. フリーWi-Fi

モバイルWi-Fiがない場合でも、「フリーWi-Fiを使う」ことでインターネット接続を行えます。Wi-Fiの普及率は国によって異なるものの、フリーWi-Fiスポットが充実している国も多くあります。たとえば、アメリカは普及率が高い傾向です。飲食店やショッピングセンター、交通機関や公共機関といったさまざまな場所にフリーWi-Fiスポットが点在しています。これらの場所でWi-Fiをつなげば、無料でインターネットを使うことができるでしょう。

ただし、フリーWi-Fiスポットには弱点もあります。たとえば、「通信速度」の問題です。公共のWi-Fiは不特定多数の人が利用するため、通信速度が遅かったり、インターネットにつながりにくかったりすることがあるのです。無料で使えるぶん、どうしても質では劣る部分があることを理解しておきましょう。さらに、「セキュリティが不安」という問題点もあります。フリーWi-Fiにつないで何らかのトラブルが生じた場合にも、サポートをしてくれるような体制は整っていません。あくまでも自己責任での利用となるため、細心の注意を払う必要があるでしょう。

5-2. 国際ローミング

海外でインターネットを使うには、「国際ローミング」という選択肢もあります。国際ローミングとは、国内で契約している携帯電話などを、海外でそのまま利用する方法を指します。ただし、国際ローミングによる接続は、「従量制課金」となるため注意が必要です。従量制課金とは、パケット通信量や通話の秒数などに応じて利用料金が発生するものをいいます。そのため、たくさん動画を見たり通話をしたりした場合、高額な料金になってしまうおそれがあります。なかには、仕組みをよく理解しておらず、「無料アプリを利用していたのに高額請求が届いた」と焦ってしまう人もいるため、気を付けましょう。

国際ローミングは「国内のときと同じように端末を使える」「セキュリティの安全性が高い」などのメリットがある反面、料金が高額になりやすいというデメリットを把握しておくことが肝心です。

6. 海外に行く際の
モバイルWi-Fiの必要性

海外に行く際はモバイルWi-Fiを持って行くことがおすすめです。なぜモバイルWi-Fiを持参すると良いのか、必要性について見ていきましょう。

6-1. ネット規制のある国でも利用できるため

海外に行くときに注意しなければならないのが、「インターネット規制」です。たとえば、中国ではインターネット規制が設けられています。中国滞在中にLINEやGoogleなどのサービスを使おうと思っても、利用できない可能性があるのです。このような場合にも、モバイルWi-FiからVPNにつなげば、問題なくLINEやGoogleを使えます。

6-2. 安全のため

モバイルWi-Fiの利用は「旅の安全性を高める」ことにもつながります。右も左もわからない海外の地でインターネットを使えないことは、非常に大きなリスクです。万が一、道に迷ってしまったり、仲間とはぐれてしまったりした場合にトラブルに発展する可能性があります。旅先ではすぐにフリーWi-Fiスポットが見つかるとは限りません。この場合、言葉の通じない土地でなかなか情報を調べることができず、焦ってしまう原因につながります。

モバイルWi-Fiがあれば、目的地に辿り付けないときに地図アプリを開いて調べたり、周りの人に何か尋ねたいときに翻訳アプリを使ったりできます。また、メッセージアプリを使えばはぐれた仲間とも簡単に連絡を取り合うことが可能です。モバイルWi-Fiは何かと不安になりやすい海外旅行を手助けしてくれます。

6-3. 旅行を思い切り楽しむため

モバイルWi-Fiがあると、「旅行を思いきり楽しむ」ことができます。旅行先ではたくさん記念の写真や動画を撮りたくなるものです。その写真や動画もモバイルWi-Fiがあれば、撮影したその場ですぐにSNSにアップできます。また、現地で評判の良いレストランを探したり、観光地を調べたりすることも可能です。モバイルWi-Fiがあればインターネットをいつでもどこでも自由に使えるため、旅行がより充実したものになります。ストレスや不便を感じずに心から旅行を楽しむためにも、Wi-Fiをいつでも利用できる環境を用意しておくことがおすすめです。

7. モバイルWi-Fiのレンタル方法

モバイルWi-Fiを使ってみようと思っても、「借り方がわからない」という人もいるでしょう。モバイルWi-Fiはレンタルサービスを行っている会社に申し込みをして借りることが可能です。会社によって詳細は異なりますが、空港でモバイルWi-Fiルーターの受取り・返却を行う場合の一般的な流れは以下のようになります。

まず、WebサイトなどでモバイルWi-Fiを借りるための予約手続きを行いましょう。このとき、渡航する国や受け取る空港などの詳細を伝えます。その後、空港でモバイルWi-Fiルーターを受け取ります。なお、手続きや使用時の説明などで少し時間がかかる可能性があることを頭に入れておきましょう。その後、渡航先で接続設定を行います。モバイルWi-Fiルーターの電源を入れて、スマホやパソコンなどの端末に接続すれば大丈夫です。基本的にはネットワーク名の選択とパスワードの入力を行うだけなので、難しい作業もなく安心です。無事に接続できれば、現地でインターネットを利用できます。その後、帰国当日に空港でモバイルWi-Fiを返却すれば完了です。

8. モバイルWi-Fiを
レンタルした場合の費用

モバイルWi-Fiはレンタルする日数やデータ通信容量によってかかる費用が変わってきます。また、会社によっても利用料金が異なるため、あらかじめよく調べて比較を行うようにしましょう。一般的には、1日あたり1000円程度が費用相場となっています。各携帯電話会社の海外パケット定額プランは1日あたり3000円以上になることもあります。これを踏まえると、モバイルWi-Fiをレンタルしたほうが費用を安く抑えやすいでしょう。よりお得に利用したい人は、「ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)」を活用することも一案です。たとえば、渡航先がアメリカ合衆国で7日プランの場合、1GB968円(非課税)で利用できます。

9. ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)とは?
海外でも「そのまま使える」

ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)は端末1つで国内だけではなく海外でもそのまま利用できます。ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)とはどのようなものなのか、特徴をチェックしていきましょう。

9-1. ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)とは?

ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)は工事不要で、自宅でも外でも使えるモバイルWi-Fiです。大容量のデータ通信プランがあり、動画も安心してたくさん見られます。国内通信は月額1,980円(2,178円税込)から利用できるなど、業界のなかでもリーズナブルな価格を実現しています。端末レンタル料も無料なため、なるべく費用を抑えたいという人にもおすすめです。また、クラウドSIMによって最適な自動接続を行えます。各携帯電話会社の回線のうち、その時点で最もつながりやすいものに自動接続する仕組みです。そのため、なかなかインターネットにつながらないというストレスから解放されます。

さらに、大きな特徴といえるのが「海外でそのまま使用できる」ことです。ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)なら海外用のモバイルWi-Fiルーターを契約せずに済みます。海外用のデータプランを購入するだけで、そのまま利用できることがメリットです。面倒なレンタル手続きの手間を省くことができます。

9-2. 容量はどれくらいのものを選べば良い?

実際にモバイルWi-Fiを使うとき、「どのくらいの容量を選ぶべきか」と悩む人も多くいます。ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)の利用にあたり推奨しているのは、「7日プラン1GB」のものです。渡航先が中国や韓国の場合、平均的に500円程度で使用できます。なお、「1日プラン300MB」は160円程度で使用できるためより手軽ですが、7日プラン1GBの場合はよりお得に余裕を持ってインターネットを楽しめるでしょう。目安として、LINEで100トークの送受信を行った場合は「300KB程度」、YouTubeを1時間見た場合は「1GB程度」のデータ通信量がかかります。海外でどの程度インターネットを利用するのか、しっかりと考えたうえで最適な容量を選びましょう。

安心して利用できるWi-Fiで
海外を楽しもう

土地勘のない海外でインターネットが使えなくなると一大事です。また、よくわからずに国際ローミングを利用して帰国後に高額請求が届くケースもあります。このような事態を避けるためにも、モバイルWi-Fiルーターのレンタルがおすすめです。レンタルサービスのなかでも、ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)は国内でも海外でも利用できて便利です。リーズナブルで料金体系もわかりやすく、安心して使えます。安全に使えるWi-Fiで海外を思う存分楽しみましょう。

ゼウスWiFiお申し込み

お申し込み 個人 法人

法人のお客様はこちら

法人窓口