モバイルWi-Fiルーターにするべき?
メリット・デメリットと選び方!

スマホの高額なデータプランや固定回線の代わりにモバイルWi-Fiルーターを使用する人が増えています。しかし、モバイルWi-Fiを使用したことがない人の中には、どのモバイルWi-Fiにすれば良いのか迷っている人もいるかもしれません。ここでは、モバイルWi-Fiのメリットとデメリット、そして選び方を紹介します。

この記事では、「モバイルWi-Fi」=「持ち運んでネットができる端末(ポケットWi-Fi・モバイルWi-Fiルーター)」を指します。

1. モバイルWi-Fiルーターとは

モバイルWi-Fiルーターの名前は聞いたことがあるけれど、実際どのようなもので、どう使えばいいのかわからないという人もいるかもしれません。ここでは、モバイルWi-Fiルーターを使ったことがない人にもわかりやすく、何のために、どう使えば便利なものなのかを紹介します。

1-1. ネットが使える無線機器

通信キャリアなどで販売されているモバイルWi-Fiルーターとは、PCやスマホ、ゲーム機などをインターネットにつなぐためのポケットサイズの通信機器です。接続キャリアの電波が届くところであれば、PCやスマホを無線でつなぐことができます。ですから、街中などでPCをインターネットにつないで作業をしたいときには、モバイルWi-Fiをバックの中に入れておけば、PCにケーブルをつなぐ必要がありません。モバイルWi-Fiと自宅や会社、学校などで利用する無線ルーターはWi-Fiを使っているという点で同じです。しかし、モバイルWi-Fiではスマホのように電波を使用している一方、自宅や会社の無線ルーターはルーター自体を光回線やADSLなどの固定回線で接続している点で異なります。

1-2. モバイルWi-Fiルーターの具体的な使い方

モバイルWi-Fiルーターの使い方は簡単です。まず、ルーターの電源を入れます。次に、家や街中のWi-FiホットスポットでWi-Fiにつなぐときと同じように、接続したいPCやスマホのWi-Fi設定でモバイルWi-Fiの「Wi-Fi名」または「SSID」を選択しましょう。あとは、パスワードを入力すればインターネットに接続することができます。モバイルWi-Fiは電波を利用した通信機器のため、固定回線を利用するときのように工事の必要がありません。そして、面倒な初期設定も必要もなく、1回目の接続からこの方法で接続することができます。ただし、持ち歩きできるようにバッテリーの充電が必要です。

2. モバイルWi-Fiルーターのメリット

モバイルWi-Fiルーターを使うとさまざまなメリットがあります。スマホのデータプランや固定回線を使っていた人も、これを読めば、モバイルWi-Fiルーターに変えてみたくなるかもしれません。毎月の通信費用がかさんでいるのに、通信速度や使用できる範囲が狭くて満足できないと感じている人は要チェックです。

2-1. すぐ使える!工事不要で設定が簡単

モバイルWi-Fiの1つ目のメリットは、工事が不要という点です。固定回線を利用したい場合には、回線を自宅などに引き込むために工事が必要になります。工事には数週間〜2カ月程度かかることがあるでしょう。しかし、モバイルWi-Fiは工事がいらないため、端末を手にした瞬間からWi-Fi接続が可能です。クラウドSIM対応の機種であれば、 IDとパスワードを入力するだけで、手間なくすぐにインターネットに接続できます。クラウドSIMとは、端末ごとにSIMカードを入れるのではなく、SIMカードの情報をクラウド上でバーチャルに管理する次世代型の手法です。このような手軽さから、一人暮らし世帯などでは、固定回線の代わりにモバイルWi-Fiを利用するケースが増えてきています。

2-2. スマホのプランを安くできるかもしれない

2つ目のメリットは、スマホのプランを安くできるかもしれないということです。スマホは電話回線だけでなく、データプランも一緒になった契約が多くみられます。ところが、スマホのデータプランは比較的割高で、それが理由でデータ量に制限のある契約をしている人も少なくないでしょう。そして、月末に通信制限に引っかかった経験がある人も少なくないかもしれません。

しかし、スマホとモバイルWi-Fiを組み合わせれば、今より安い料金でスマホとインターネット通信ができる可能性があります。なぜなら、モバイルWi-Fiは大手のデータプランに比べて割安な場合が多いからです。そのためには、スマホは最低限のデータプランで料金を抑え、残りのデータ通信は料金が割安なモバイルWi-Fiで置き換えましょう。そうすれば、スマホのプランはもちろん、月々の通信費用自体を安くすることが可能かもしれません。

2-3. どこででも使える

3つ目のメリットは、Wi-Fiがどこでも使えるようになるという点です。先述のように、モバイルWi-Fiは電波を利用しているので、電波が届く範囲という制限はありますが、かなり広範囲でWi-Fiが使えるようになるということに変わりはありません。以前は地下で電波が入りにくいということもありましたが、今では都市部なら問題なく利用できるでしょう。固定回線は自宅でしか使用できず、Wi-Fiホットスポットを使えるところは限定的です。その点、モバイルWi-Fiはスマホほどの大きさで軽量、コンパクトなので、外出先にも気軽に持ち運べます。出先でPC作業を行いたいとき、行き先のカフェなどにWi-Fiがあるかどうかを気にしなくていいのは大きなメリットといえるでしょう。

3. モバイルWi-Fiルーターのデメリット

モバイルWi-Fiルーターにはたくさんのメリットがありますが、完璧とはいえません。たとえば、データ通信の速度は固定回線に比べると遅い場合が多いでしょう。ただし、携帯電話と同じくらいの速さで、5G対応のモバイルWi-Fiもでてきているため、それほど気にならないかもしれません。あとは、電波が届かない場所では使用できなくなってしまうことです。

都市部ではかなりの範囲で強い電波が届きますが、地方などに行くとあまりつながらなくなったり、電波の弱いところでは速度が遅くなったりします。こうした問題を少なくするためには、クラウドSIMのモバイルWi-Fiを選ぶのもいいでしょう。クラウドSIMは、複数のキャリアの回線を利用でき、速い回線に自動的に切り替えてくれるため、つながりにくさを軽減してくれます。

4. こんな場面でおすすめ

モバイルWi-Fiルーターには、場所と使いどころによって今までの通信機器にはない便利さがあります。モバイルWi-Fiルーターは便利そうだけれど、契約しても実際にどんなところで使えば良いのか具体的にイメージしづらいという人は、これらの使い方や場所を参考にしてみてください。

4-1. 自宅で固定回線のように利用

以前は自宅でインターネットやオンラインゲームをする際には固定回線を使うのが一般的でしたが、モバイルWi-Fiの技術進歩によって自宅でもモバイルWi-Fiを使う人が増えてきました。確かに、一人暮らしであればWi-Fiを使うのは自分なので、自宅にWi-Fi環境が必要なのは自分が家に居るときだけです。ですから、モバイルWi-Fiさえ持っていれば、自宅に固定回線を引く必要がなくなります。データ容量や速度に問題がないものを選べば、テレビ電話もスムーズに行うことができ、テレワークなどにも活用できるでしょう。さらに、スマホのモバイルデータ通信料金よりも割安で、固定回線のように工事がいらないため、モバイルWi-Fiは一人暮らしの人たちの間で、固定回線に代わるものとして注目されています。

4-2. 外出先で利用

モバイルWi-Fiの最大の特徴は、持ち歩きが可能ということです。そのため、電車の中や待ち時間などにWi-Fiを使ったインターネット接続をフル活用することができるでしょう。モバイルWi-Fiはキャリアを選べば大手通信業者のデータプランに比べて割安なので、データ容量無制限プランを選んでも経済的です。そうすれば、動画視聴や電子書籍のダウンロード、オンライゲームなどもデータ容量を気にせず楽しむことができます。電車での通勤時間や、仕事のための移動時間などにPCを繋げて時間を有効活用すれば、仕事の効率化にも役立つでしょう。もはや、モバイルWi-Fiは外出中のすき間時間を有効活用するための必須アイテムといってもいいかもしれません。

4-3. 海外で利用

モバイルWi-Fiは海外でも利用することが可能です。渡航中のみ海外で利用可能なレンタルWi-Fiを借りることができるうえ、モバイルWi-Fiの中には国内、海外の両方で使用できる仕様のものもあります。たとえば、クラウドSIMのモバイルWi-Fiは複数のキャリアの回線を利用できますが、それは国内のキャリアにとどまりません。

契約するモバイルWi-Fiの会社や契約内容にもよりますが、国外のキャリアのSIM情報が割り当てられている場合には、海外でも現地の人が使用しているのと同じ環境でデータ通信を行うことが可能です。しかも、どのキャリアにつなぐかは、クラウドSIMサーバーが自動的に判断してくれるため、特別な設定や申し込みを行う必要がありません。携帯の海外プランを利用するという手段もありますが、料金はモバイルWi-Fiに比べ割高でしょう。

4-4. 複数端末で利用

モバイルWi-Fiルーターは同時に複数の端末から接続することが可能です。機種にもよりますが、通常は5〜10台くらいの端末を接続することができるでしょう。ですから、スマホで音楽を聴きながら、PCで作業を行ったり、友人と別々の端末から接続したり、使い方の幅が広がります。自宅に置いておけば、固定回線の代わりに家族で利用することも可能です。ただし、モバイルWi-Fiの速度によっては、ゲーム機や動画といったデータ容量の大きな機器やサービスを同時に利用すると、十分な速度が得られなかったり、データ量がすぐに上限に達してしまったりする場合もあるので注意が必要でしょう。モバイルWi-Fiは使用目的に合わせて適切な会社やプランを選ぶことが肝心です。

5. モバイルWi-Fiルーターの選び方

注目の高まるモバイルWi-Fiルーターは、各社からさまざまなプランがでています。モバイルWi-Fiルーターを契約したい人の中には、どれにすれば良いのか決められないという人もいるかもしれません。そこで、ここではモバイルWi-Fiルーターを選ぶためには何がポイントで、何に気をつければ良いのかをみていきましょう。

5-1. 対応エリア

モバイルWi-Fiを選ぶには、まず、対応エリアを調べることが重要です。自宅や学校、職場といった自分の生活圏内がカバーされていることはもちろんですが、外出先などでも重宝するモバイルWi-Fiは広い範囲で利用できた方がいいでしょう。対応エリアは、モバイルWi-Fiサービスを提供している各社が、ホームページで公開しています。モバイルWi-Fiを選ぶ際には速度も気になるところですが、そもそも回線がつながらなければ速度を上げることもできません。

また、ホームページやパンフレットなどに記載されている速度は最高速度であって、どんな電波状況でもその速度で通信が可能というわけではないので注意が必要です。海外などに出張に行く機会が多い人は、クラウドSIMのモバイルWi-Fiで出張先の国がサービス圏内であることもポイントのひとつかもしれません。

5-2. 通信制限

月間のデータ量の制限は必ず確認しましょう。自宅でも外出先でも使用したいということであれば、データ量無制限がおすすめです。そうでない場合には、普段自分がどのくらいの容量を使っているのかを確認してみましょう。使用容量の確認は、現在のスマホのデータプランを見るだけでなく、スマホから実際に使っているデータ量を確認することも可能です。

スマホでの確認方法は、「設定」アプリを開いて、Android場合は「データ使用量」、iPhoneの場合は「モバイルデータ通信」から確認します。そして、自分のひと月あたりのデータ使用量を確認したうえで、モバイルWi-Fiではどのくらいのデータ量が必要なのかを考えてみましょう。データプランによっては、「〇GB」といった制限の仕方だけでなく、「〇日間で10GB」といった制限の仕方がされている場合もあるので注意が必要です。

5-3. 料金

料金のチェックも忘れてはいけません。料金を比較する際の基本は月額料金です。月額料金は、最初の数カ月または1年の料金とその後の料金が異なる場合もあるので注意しましょう。また、時期によっては割引やキャッシュバックキャンペーンなどを行っていることもあるので、要チェックです。そして、Wi-Fiモバイルルーターでもスマホの契約と同じように、契約期間の縛りや途中解約した場合の違約金がある場合があります。契約期間の縛りや違約金の条件は各社で異なるので、必ず事前に調べておきましょう。ほかにも、モバイルWi-Fiルーターを使用するには端末代がかかります。一般的には、短期間ならレンタルが、長期間なら購入した方がお得です。

安くて無制限→大容量!
ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)とは

安さと通信量にこだわってモバイルWi-Fiを選ぶなら、ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)がおすすめです。大容量なのに月額1,980円(2,178円税込)からの料金プランで経済的なだけでなく、クラウドSIMが自動的につながりやすい電波につないでくれるため、サクサク動きます。動画やSNSをたくさん見たい人にぴったりです。ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)では、ほかにも契約期間に縛りがなく、気軽に使用できるプランも用意しています。

ゼウスWiFiお申し込み

お申し込み 個人 法人

法人のお客様はこちら

法人窓口